ポストバイオティクス®
発見までの長い旅路

研究者たちが気の遠くなるような時間をかけて発見したポストバイオティクス®成分「HYA(エイチワイエー)」。美と健康をサポートしたいという不屈の意思と情熱が、ヘルスケアの新領域を切り開いたのです。

はじまりの地

「HYA(エイチワイエー)」発見につながる全ては1946年、悠久の歴史を誇る古都、京都からはじまりました。
当時から有用微生物の探索を至上命題に、研究者たちは人々の健康を想い、ただ無心に研究に明け暮れていたのです。

イノベーションの源流

薬学を志し、やがて日東薬品工業を興すことになるこの青年は「小粒でもピリリとした味のある製薬企業を創りたい」との精神で常に新しい扉を開いていくことになります。

古都京都が培った
食文化の恩恵

研究を重ねるうちに、青年たちは京都が培った食文化に注目しはじめます。味噌や漬物、精進料理などから菌が腸にもたらす影響などを調べ始めたのです。これが今の日東薬品工業が誇るプロバイオティクス製品の開発につながります。

国内屈指の
ライブラリー

やがて腸内細菌そのものの働きを研究するようになった同社を元にさらに革新的な研究が始まります。それこそが、第3の領域「ポストバイオティクス®」。所有する国内屈指の腸内細菌ライブラリーを元にこれまで不明だった脂質の腸内細菌代謝経路を世界で初めて明らかにしたのです。

決して諦めない意志

イノベーションの源流は、流れを止めることなくNoster社へ引き継がれ、未踏の領域へのチャレンジを可能にしました。世界初の発見を製品化する道筋が見えてきたのです。

遂に誕生した
「HYA-50」

ポストバイオティクス®成分「HYA(エイチワイエー)」の発見から、さらに10年以上の研究開発を経てついに「HYA-50」が誕生します。
この製品はポストバイオティクス®のアイコニックな存在として、Noster社がヘルスケアブランド「CUMEC(キュメック)」を立ち上げるきっかけとなりました。

※米国科学振興協会(AAAS)が発行する科学雑誌。1880年創刊で、世界で特に権威がある学術誌の一つとされている。

未来をつくる

CUMEC(キュメック)を運営するNoster社は腸内菌叢と生命をつなぎ、世界中の人びとの健康と科学の発展に貢献することをビジョンに先進の腸内細菌研究を加速させています。NOSTERはこのビジョンのもと、世界的な科学誌Science *と共同で「NOSTER & Science Microbiome Prize」を設立し、腸内細菌研究を推進する世界中の研究者を支援しています。

※米国科学振興協会(AAAS)が発行する科学雑誌。1880年創刊で、世界で特に権威がある学術誌の一つとされている。

今月のプロポーザル

善玉菌を解析する

腸内フローラ SCAN ライト版

永遠の美しさのために

キュメック定期コース

キュメックのポストバイオティクス®コレクション